天ざるそば

◎  都会の交差点 

084_R.jpg
気づいたら9月も終わりで
今年もあと3か月となります。
はやいなぁ
そしてカレンダーをめくっていくのです

◎  信号色のタイヤ 

063a_R.jpg
たしかこの金土日の3日間
TSUTAYAのキャンペーンで、新作、準新作が
1泊2日の貸出期間限定で
レンタル料100円っていうのをやってた
たまたま映画を見たくなってなんとなくで仕事の帰りにきたら
このキャンペーンをやってたので超ラッキーでした
2本ばかし借りてきて夜に立て続け見たわけです
「ローンレンジャー」
「LIFE」
の2本です
ジョニーデップの出てたローンレンジャーですが
まぁまぁ普通な感じで面白かったです
退屈はしなかったっていうくらいでね。
もう1本のLIFEのほうがすごくおもしろかった
伏線というかね最後までうまく細かく作りこまれていて
退屈なしにずっと見ていられた
出会い系のサイトの管理者からちょくちょく電話がかかってくるあたり
そんなに頻繁に会話してやり取りする必要あるかとか。
見てるときはなんとなく見てるんだけど
それがちゃんとつながってくるので、おっとなるわけですよ
最初のTVでCMが流れている時くらいのこの映画の主人公に対するイメージだけど
おとなしく地味でコミュニケーションをとるのも苦手な人物って
勝手に思ってたわけですが、
普通にしゃべれるわけですよ、しゃべりもうまいわけです
それは映画だからねってこともあると思うけど。
ただ海外でのことだから、日本と海外の「地味」な人にあるイメージとか
やっぱり違うのかなぁとか思ったりもしました。
しゃべりができるかどうかとか、それに体格とかもね。
いじめられっこがいじめっこをKOするみたいなネットの動画とかたまに見るくらい。
さらにこの映画に引き込まれるポイントとしては
景色の変化っていうのもあるのかもしれない、
ビルの立ち並ぶ街中にいて、ある時人を探すために旅に出るわけです
旅といっていいかわからないけど。
アイスランド、グリーンランド。
壮大な自然のなかに立つんですよね、
そういう変化って好きなのかもしれないって自分のポイントがあるのかな。
「ドラゴンタトゥーの女」っていう映画もそうだったなぁとか思うわけです
欧米では、特にヨーロッパではねまさにグリーンランドとか
地理的に近いところに豊かな自然があるわけですね。
そこに寒さがあって、そういう景色に変化って好きだな。

◎  お彼岸花 

025b_R.jpg





065a_R_20140926215821488.jpg





011a_R.jpg
白い彼岸花って見たことありますか?
午前中仕事で午後から半休とってぶらっとドライブしてきたのです
花を撮りたいなと思って
「彼岸花」で検索して見つけていったのです
せっかく半休とったけどその日は天気が不安定で
黒い重たそうな雲が広がっていたわけで、
ぱらっと雨が降ってきたり、やんだりを繰り返していました
何とももったいない午後の休みの時間ですね
ぶらっとたどり着いた先で念願の彼岸花を見てきました
彼岸花ってどこかに見にいくっていう感覚でもなくて
田んぼの土手なんかに咲いてたりするんですけどね
1番惹かれたのが「白い彼岸花」っていうので
白の彼岸花って見たことないなって思って。
普段ぱってあぜ道なんかで見るのは赤い花ばかり、
白なんて初めて見たかもしれないです。
なかなか幻想的な光景でした。
ただ白っていうことで、花のよたれた感じとか汚れとか
結構目につくほどで、真っ白ですごくきれいとまではならなかったのがほんとの感想

◎  タイルの中のディスプレイ 

065a_R.jpg
本屋ではカメラ雑誌が一斉に発売になって
ぶらっとよって立ち読みしました
ニコンからキヤノンから新しいカメラが出るというので
各紙特集くみますね、当たり前ですけど
自分が持ってるのはソニーのミラーレス機なので
そのほかのカメラのことなんか一層知らないことばかりで
新品レビューなんかはあまり興味のないほうです
写真の構図とか、光とか色の表現とか
カメラの設定方法いろいろとか
そっちのほうがもっと見たいですね。
あれこれ見あさって、見飽き足りず実用書のほうまで行って
あれこれ見てたのです、
初心者のためのアドバイス的なのとか、プロの構図とか
そんな感じのを。
なにか買いたいと思って本屋によったのに
これっていう1冊を決めれなくてしばらく吟味したあと
疲れ切って結局何も買わずに帰ってきたという話です
なので、カメラ雑誌はたまに買うものの
カメラのhow to本は1冊も持っていないのです

◎  花はいつもきれい 

056a_R_2014092120412190e.jpg





051a_R.jpg

◎  帰り道の風景 

090a_R.jpg
このガラス張りの壁に
ビルの合間に覗いてくる観覧車が見えるわけですよ
この景色をどうやったら綺麗に撮れるかなって思うけど
みたまんま正面から撮ってみたら
まぁ、それしか方法はないかと。
まぁ、それだけです
夜の写真も面白いですね
感度あげて明るく綺麗に撮れたと満足してたのに
よく見るとちょこっとぶれてますよね
たぶん、きっと

◎  高いところから 

122a_R.jpg
見上げるとささやかな光景が

カメラにはWi-Fiがあるのに
スマホが機種対応してないらしく
カメラで撮った写真をスマホに移せなかったのです
なので今日は思い切ってWi-Fi昨日のあるメモリーカード
「FlashAir」というのを買ってきたのです
これでスマホできれいな写真が使えるようになったのでしょう
そうなのでしょう。
カメラのキタムラでカメラやレンズを見に来ただけなのに
そういえばって、メモリーカードのこと覚えてて
この衝動買いです。

◎  溶岩 

016a_R.jpg
今週は天気がいいですねぇ
しかしながら昼すぎて時間もたてば空に雲がかかり
ぱっとしない感じになったのです
ただ、暑すぎず過ごしやすいのでいいことです。
前回写真を取り込んだその履歴を見てびっくり
実に1か月写真をっ撮っていないようでした
久しぶりにカメラを持ち出して出かけたのに
それも昼すぎて夕方にさしかかる時間帯だったもので
非常にもったいないことをしたのです。
カメラを構えることもなく家に帰ってきたけど
なんとなくさみしくて家の近くで撮ってみた
まぁ、それは日も落ちて暗かったから
シャッタースピードを調節しつつ
他に、ISO感度と露出をいじりながら調節して何枚か、
あとはふと思い出して、レンズも望遠側にするとF値が大きくなるので
広角側に戻して撮った、
そしたら綺麗に明るい写真が撮れたので満足して
満足しながらびっくりもしたね。
F値も意識しながらって大事だなと思った。当たり前だけど
あとISO感度を思い切ってぐいっとあげるのもいいね

◎  日傘 

050a_R_20140907232830f1c.jpg
天気よかったですね
早めに起きて外からのいい日差しが部屋に入り込んで
そんな陽気を感じながら
だらだらと家の中で過ごしてきたわけだけど
秋になってもう1週間早いですね
8日が今年の中秋の名月らしいです
そして翌日9日が2回目のスーパームーンだということです
それだけです
やりたいことはなんとなくいろいろあるのに
なかなか踏み出さない感じ
だらだらただなんとなく日を過ごして
無駄な時間を過ごしてる

◎  奥の細道 

030a_R_201409031700094b8.jpg
夏終わってご機嫌斜めな天気の中
家にこもる人

back to TOP